<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「YUI LOCKS!」のゲストに、竹内結子さん登場。 | 2007年上半期シングルセールスランキング >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
順位/期間内売上/タイトル/アーティスト
01位 112.5万枚「HOME」Mr.Children
02位 99.8万枚「Black Cherry」倖田來未
03位 69.8万枚「A BEST 2-WHITE-」浜崎あゆみ
04位 68.1万枚「A BEST 2-BLACK-」浜崎あゆみ
05位 65.7万枚「ベスト・ダム・シング」アヴリル・ラヴィーン
06位 65.2万枚「愛 am BEST」大塚愛
07位 57.8万枚「CAN'T BUY MY LOVE」YUI
08位 54.6万枚「EXILE EVOLUTION」EXILE
09位 52.0万枚「ALL SINGLES BEST」コブクロ(累計:226.8万枚)
10位 50.4万枚「HEART」伊藤由奈

11位 43.8万枚「B-SIDE」Mr.Children
12位 39.6万枚「BESTYO」一青窈(累計:71.8万枚)
13位 36.0万枚「Scratch」木村カエラ
14位 34.8万枚「MADE IN TWENTY(20)」BoA
15位 34.5万枚「cartoon KAT-TUN You」KAT-TUN
16位 34.0万枚「THE BEST of mihimaru GT」mihimaru GT
17位 33.8万枚「First Message」絢香(累計:104.9万枚)
18位 33.3万枚「Denim」竹内まりや
19位 32.2万枚「ALL SINGLES BEST」スガシカオ
20位 29.4万枚「YES」中島美嘉

21位 28.8万枚「I album -iD-」KinKi Kids
22位 28.7万枚「BEST〜BOUNCE & LOVERS〜」倖田來未
23位 26.8万枚「ビコーズ・オブ・ユー」Ne-Yo
24位 25.8万枚「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」リンキン・パーク
25位 23.3万枚「i(ai)-オール・タイム・ベスト-」オフコース(累計:26.3万枚)
26位 21.2万枚「KJ2 ズッコケ大脱走」関ジャニ∞
27位 20.9万枚「風をあつめて」Aqua Timez(累計:28.5万枚)
28位 20.8万枚「5年モノ」福山雅治(累計:43.3万枚)
29位 20.6万枚「BLEACH THE BEST」Various Artists
30位 19.6万枚「LOVE IS BEAUTIFUL」GLAY


□女性アーティスト、群雄割拠の時代へ突入?

シングルとは様子が全く違う色分けになりましたね。女性アー強し、ジャニーズ弱しのアルバムチャートとなりました。ま、この傾向は相変わらずと言えば、相変わらずですが。

2位にランクインの倖田さんのオリジナルアルバム。3、4位にランクインの浜崎さんのベスト盤。6位にランクインの大塚愛さんのベスト盤。
…avex、儲けすぎですね(爆)。いや、実際どれほどの利益が出ているのかは甚だ疑問ですが。
ただ、このあたりの作品たちについては色々と突っ込みたいことがありますが、長くなりそうなんでここでは割愛。また、別の機会にでも…(書くのか?)。

そんなavex中心の女性アーティスト界に食い込んできた、4人のアーティスト。そうです、YUIさん、伊藤由奈さん、木村カエラさん、絢香さんです。
YUIさん、木村カエラさんは前作アルバムを大幅に上回るヒット、伊藤由奈さんはライト層を多く取り込んで50万枚突破、絢香さんに至っては1stアルバムが累計でミリオン突破。

うん、もうこれは上に挙げたavex勢や宇多田さんと肩を並べる勢いまで達したと言えるのでは。あるいは、BoAや中島さん、aikoさんたちを追い抜く勢いにまで達したのでは。
まさに、群雄割拠の時代と言えますよね。 これから一年経ったあと、女性アーの勢力図がどう変化しているのか。個人的には非常に気になるところであります。

で、ここで注目したいのが、上に述べた4人とも、avexアーティストではないっていうこと。
“女性アーティストと言えば、avex”なんていう時代はもう終わったんでしょうね(そもそも、そんな時代があったのかどうかはおいといて 爆)。 松浦氏があの新人さんをごり押ししたくなる気持ちも、分からなくはない…;;


□ミスチル、貫禄のミリオン突破。そしてコブクロが強すぎ。

…と、ここまで述べてきた数々の女性アーティストを追い抜き、首位を獲得したのはMr.Childrenのオリジナルアルバム。
もうこれはさすがとしか言いようがないですね。それ以上の言葉が見つからないですね。デビューから15年が経ってもなお、人々の心を掴んで離さないミスチルの楽曲たち。彼らにCD不況という言葉はない、そう言っても過言ではありませんね。

そして、昨年の秋にリリースされながらも、今年の上半期ランキングでも9位に食い込んだコブクロのベスト盤。累計では226.8万枚とのことです。
いやぁ、このご時世に200万枚突破とは…。もう鬼としか言いようがありませんね。 それもそのはず、現在のウイークリーチャートでもトップ10内に入ったりしますからね。もうこれは鬼のチャート推移ですね。
“今頃、一体だれが買ってるねん”…って感じでしょうが、幅広い年代層に時間をかけて浸透していっているんでしょうね。 最近では、陣内さん・紀香さんの挙式で彼らの楽曲が話題になったりしましたし。
今後も彼らが新しい作品をリリースするたびに、チャートに食い込む一枚になりそうです。そう、夏になったら必ずやランクインする、サザンのベストのように…。
| 【エトセトラ】オリコン | 00:43 | comments(0) |
| - | 00:43 | - |
コメント
コメントする