<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2009年 勝手にアワード シングル編その1 | 2009年 勝手にアワード アルバム編その1 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
今日は勝手にアワード2009、シングル編の続きとして、金賞4作品、大賞1作品を紹介します。2009年の大賞は、もうダントツでした、即決致しました(爆)。
それでは早速どうぞ!


【金賞】

「ゴールデンタイムラバー」スキマスイッチ
ようつべ

個人的に思うスキマの魅力の一つに、メロディへの歌詞の乗せ具合・詰め込み具合・ハマり具合があるんですが、その魅力がこれでもかってぐらいに味わえる疾走感抜群のファンキーなナンバー。
まぁとにかく、言葉数がハンパないっす。これ、聴いてても爽快ですが、完璧に歌えたらもっと気持ちいいんやろうなぁ、と(爆)。これだけ言葉が詰め込まれているのに、いやだからこそ、メロディとのハマリ具合っていったらもう完璧。完敗です、おそれいりました…。
もちろん、歌詞だけじゃなく、アレンジも秀逸。特に、常田さんがMVでも弾いてるエレクトリックピアノのアレンジが印象的。


「能動的三分間」東京事変
ようつべ

タイトルのごとく、収録時間がちょうど三分間。色んな音楽的要素がミックスされた、革新的なナンバー。「三分間」というタイトルになぞらえてか、林檎さんによる“格付(ランキング)のイノチは短い”なんていう刹那的な言葉が並んでいたりもして、実に奥深い。
演奏がいちいち素晴らしいのは言わずもがな。特に、亀田さんのベースラインは泣く子も黙る素晴らしさ。思わず惚れ惚れします。
そして、楽曲だけではなく、MVも一見の価値あり。


「Last Love Letter」チャットモンチー
My space

2009年のチャット、シングルとしてはこの一曲のみでした。一回聴いただけではあまり印象に残りにくいのですが、何度か味わっていくうちにハマっていくスルメソング…やと個人的には思う。
冒頭からあっこさんによるベースラインがぐいぐい引っ張ってくれて、最後の“栄光の結末をどうかあなたにあなたに”まで、3人のアンサンブルが一気に駆け抜けていくようで、あるいは、どこかシリアスに絡み合っていくようで…。聴くときの気分によって、印象が違ってくるんですよね、不思議と。

が、自分が強くお勧めしたいのはこのシングルのカップリングである「片道切符」。チャットのカップリングに外れはないのは有名な話ですが(そうなのか?)、この曲も外れなし。
どこか危うくて幼いえっちゃんの声によって歌われる、くみこん独特の小説的な歌詞世界が、聴く者の心に情景を思い起こさせてくれて、思わずほろりとしちゃいます。――大丈夫だよ いつまでも消えやしない


「ワンルーム・ディスコ」Perfume
ようつべ

2009年のPerfumeも、シングルとしてはこの一曲のみでした。
「love the world」や「Dream Fighter」など、2008年に発売されたシングルたちと比べたら、インパクトとしては劣るかなぁ、というのが最初聴いたときに思った正直な感想。だけど今となっては、それらの楽曲たちと同じぐらい好きになったっていうね。いや、だけどやっぱり「Dream Fighter」のほうが…(どっちやねん)。
テレビでもこの曲は何度も歌われていましたが、その殆どがフルではなく非常に中途半端な曲展開だったので、それじゃあ魅力が半減するよ!なんて突っ込んだりもしてました。えぇ、そんな私は生まれ変わったらPerfumeになりたいです(ぇ。
MVもいつもながら素晴らしい出来でございます。ごちそうさまでした!



そして、栄えある大賞作品は、文句なしにコレです。



【大賞】

「Dr.」安室奈美恵
ようつべ
↑そのうち消されるかも…。

もうこれは、2009年というより、2000年代のベストナンバーの一つと言っても過言ではありません。
「Dr.」をフルではじめて聴いたのは、忘れもしない、BEST FICTIONツアーの神戸公演。当時、シングル発売間近だったこの曲が披露されたのです。曲が始まった瞬間からただならぬ予感を感じ、息つく間もなく続くドラマチックな曲展開と、それに呼応するかのように繰り広げられる眩しく美しいステージとパフォーマンス。
気が付けば、口をポカーンとあけたまま、食い入るようにステージを見つめる自分が居ました。そして、その体は感動と衝撃とで震えていたという…。全身が震えるってこのことを言うんだと実感しました。こういう経験って、生きてくうちで数えるぐらいしかないんだろうな、とか大袈裟にも思いました。

曲の始まりからその終わりまで、どこをどう切り取っても素晴らしすぎて、この曲を作ったNao'ymtさんは天才としかいいようがありません。「Dr.」を聴くと、未だにニヤニヤしてしまいますけど、何か?

そして曲はもちろんのこと、ライブパフォーマンスがまじで素晴らしすぎるゥー。これは皆さんに一度でいいから観て頂きたいです。カッコいいんです。あ、ライブDVDは絶賛発売中です。ちなみに私はavexの回し者じゃありません(爆)。

あー、「Dr.」が好き過ぎて、助けてDr.!(ぇ。

…全然レビューになってないですね、ごめんなさいね。

| 【エトセトラ】勝手にアワード | 00:40 | comments(4) |
| - | 00:40 | - |
コメント
>すーままさん

そういや、秦さんの楽曲、
最近あまり聴かなくなったなーとここでポツリ(ぇ?

はい、あゆさんはこのブログでは対象外ということで(爆)。
ま、仮に対象に入っていたとしても、
大賞作品は揺らがなかったと思います(イッテシマッタ!!)。
| さえまん | 2010/02/28 5:20 PM |
>まりさん

「Dr.」はもうダントツで好きですね。
というか、大袈裟な話ではなく、
もうこれは奇跡の曲だと思ってます。

まりさんもはじめて聴かれたのがライブだったんですね。
その分衝撃も大きかったですよねー!

自分も未だにこの曲を聴くと
ニヤニヤして、そして泣きそうになります、何故か。
ライブ映像、自分もリピートしまくりです。
何度観ても鳥肌モンですよね。
| さえまん | 2010/02/28 5:19 PM |
ちなみに私は
金「朝が来る前に」
銀「ゴールデンタイムラバー」
銅「rule」
です
面白み無くてスミマセンm(__)m(笑)
あゆはランキングに入らないんでしたっけ?
バラードがな〜
どうもな〜
ツアー前にアルバム出るのかな?
正直、楽しみって言うより若干心配。
楽しみなんですけど(*^^*)
ありあまる富、深いですね〜。好きです、こういう曲。
| すーまま | 2010/02/13 11:51 PM |
大賞「Dr.」ですか!!!
私も大好きです(笑)コメントこればっかりですみません(^_^;)
私もはじめて聴いたのはライブ名古屋会場でした。
感激のあまり泣きそうでした。
今でも聴いてると泣きそうになるときがあります。それくらい名曲すぎるー!!
ライブ映像とかもう何回もリピートですよー。
| まり | 2010/02/11 9:08 PM |
コメントする