<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今更ですけど、YUIさんの「活動休止」について。 | NAMIE AMURO BEST FICTION TOUR 2008-2009 @ サンドーム福井 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
B001DI8EJCDear My Friends/トラウマ上松秀実 TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M) 2008-10-08by G-Tools


「Dear My Friends」のMV試聴は、こちら
「Dear My Friends」の歌詞は、こちら
「トラウマ」の歌詞は、こちら

今日紹介するのは、10月8日にリリースされたばかりの上松秀実さんのデビューシングル『Dear My Friends/トラウマ』
「この子が、世界を、変える」――そんなタイトルがつくほど、『ROCKIN' ON JAPAN』でデビュー前から猛プッシュされていた彼女。 ロック系をメインに扱うあの雑誌が彼女のような女性シンガーを推すってことは、相当期待大のシンガーなんだろうなぁ…と思いつつ、実際に聴いてみないとはじまらないってことで、聴いてみました。


うん、久々にガツンとやらました、音楽に。


上でMVを貼っているのは「Dear My Friends」のほう。トラック自体は割とシンプルですけど、所々刻まれるクラップと和の要素を感じさせるアレンジが心にスッと馴染んできます。
そして歌詞。「メール」「絵文字」と現代っ子らしい言葉が使われていますけど、そこで歌われているのは、聴く者の心に突きつけられる、リアルさ。 ケータイやネットが普及し、人とのコミュニケーションが希薄になりがちな現在を生きる人へ届くであろう、優しさ、悲しさ。
「1年後10年後再会した時 絶対に避けないで」「自分がされて嫌な事 自分がしているもんだ」などと、誰もが感じたことのある感情。人によっては、思わず耳を覆いたくなる感情。 

もう一つのA面曲「トラウマ」に至っては、もっと剥き出しな感情で溢れています。
だって、「人間を 憎みたくて… 憎めなくて… 歌ってる」と、こんなダイレクトに曝け出しちゃってるんですもん…。

彼女のプロフィールについては、こちら。佐渡島出身の22歳。“一風変わった”環境の中で生きてきたそう。だからこそ、痛烈で、リアルで、祈りにも似た言葉たちが生まれるんだろうな…。


ちなみに彼女、所属レコード会社はTOY'S FACTORYとのこと。
TOY'S〜が女性シンガーっていうのは、ちょっと珍しいですね。TOY'S〜というと、ミスチルやバンプ、ケツメイシなど男性グループが目立ちますが、女性アーティストで目立った人って過去にも現在にも居ないかも。敢えて言うなら、解散前のSPEEDぐらい? そういった意味でも、今後の彼女に注目していきたいところ。


 

| 【エトセトラ】レビュー | 19:26 | comments(2) |
| - | 19:26 | - |
コメント

>ちゃいさん

インパクトで言ったら、「トラウマ」のほうが強烈ですよね。歌詞ももちろんですけど、ボーカルアレンジとかも新鮮だなぁ、と思います。
| さえまん | 2008/10/14 12:52 AM |
「Dear my friends」を聞いた時は、
おっ!とは思いましたが、こんなもんかという感じでした。

でも、「トラウマ」を聞いてビックリ!!
こいつはすげえ・・・・・・・・・・・
| ちゃい | 2008/10/12 9:37 PM |
コメントする