<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年上半期 勝手にアワード アルバム編 | 2008年上半期 勝手にアワード シングル編その1 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
その2では、残り5作品を紹介します。


「モノクローム」BENNIE K
モノクローム
試聴は、こちら
歌詞は、こちら

バンドサウンドを前面に押し出したアレンジが耳に心地よく響くメッセージソング。もうね、これはね、歌詞が全面的に好き過ぎる。もう何も言うことはありません(ぇ。
「Sky」にしろ、今回の「モノクローム」にしろ、たまにこういうメッセージ性の高い曲を持ってくるから、隙がないですよね、彼女たちって。もちろん、ノリ重視の曲も好きですが。

ところでこのタイトルの「モノクローム」、偽りばかり続けていて、いつのまにか自分の色をなくしてしまった状態を表すのでしょうか。だけど、そこから何色にだって自由になれるんだ…という意味も含まれていそう、あくまで想像ですが。


「HOME」清水翔太
HOME
試聴は、こちら
歌詞は、こちら

ニューヨークのアポロシアターで歌った経験も持つという本格派としてデビューを果たした彼。そんな彼のデビュー曲「HOME」は、彼のそれまで歩んできた人生がそのまま凝縮されているといってもいい渾身の一曲というか。歌詞もそうですけど、メロディ、アレンジにしても隙のない仕上がり。

一方、デビュー曲でここまで歌ってしまうと、後が心配になってくるのも正直なところ。2ndシングルの「アイシテル」も、ある意味、重いテーマでしたしね。今後はもっと様々なテーマの楽曲を歌っていって欲しいなぁ、と。申し分ない歌声を持っているからこそ、余計に…と、偉そうに言ってみる。


「MOTHER」SEAMO
MOTHER
試聴は、こちら
歌詞は、こちら

これを最初に聴いたのが、忘れもしない、雨の中、USJでの卒フェスに参戦したとき。そう、初聴きがなんとナマだったのです。目の前でSEAMOが歌ってくれたのです。
もうね、歌い出しを聴いた瞬間から、目から変な水が流れていました。それから終始、変な水が流れていましたよ。雨と混じって、変な水が。言葉の一つ一つがいちいち私の涙腺を刺激するんだよコノヤロウ! そんな私の変な水は、“どんな目覚ましより暖かく正確だった”で最高潮を迎えました。横を見れば、某ホームメンバーたちも同じ状態でした(爆)。
私ね、歌を聴いて、あそこまで泣いたのは久しぶりじゃないかっていうくらい泣きましたよ。あの人のライブでも、あそこまで泣いたことないんじゃないかっていうくらいでしたよ(ぉ?)。

それからと言うものの、この曲を涙なしに聴くことは出来ません。なんて優しい歌なんだろう…。なんて素直な言葉たちなんだろう…。こういう歌をSEAMOが歌うからこそ、余計に心に届くんだろうな。


「風吹けば恋」チャットモンチー
風吹けば恋
試聴は、こちら
歌詞は、こちら

6月25日に発売されたばかりのこの曲を上半期ナンバーワンソングとさせていただきます。「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」でも良かったんですけど、最新曲の「風吹けば恋」で。
彼女たちの出す曲全てが、私の心を刺激してやみません。いや、これホントに。いつもイイ意味で期待を裏切ってくれるんですよね。 今回の曲にしたってそう。サビだけ聴くと、疾走感溢れるポップチューンなんですが、侮ることなかれ。イントロからしてへビィです、ゴリゴリしてます、「なんじゃこりゃ?」の連続です。

“はっきり言って努力は嫌いさ”“はっきり言ってお伽話は罠”と言い捨てていた主人公が、最終的には“行け!行け!あの人のところまで”と、あの人のもとへ一心不乱で飛び込んでいくという変化と、ドラマチックなサウンド展開とが一体となって迫ってくる会心の作。
「ヒラヒラヒラク〜」から「風吹けば恋」のこの流れ。次のアルバムの片鱗がところどころでうかがえて、今年中?にはリリースされるであろう3rdアルバムが楽しみで仕方ありません。そして、彼女たちのライブに行きたくて仕方ありません。明日の若若男女、本気で楽しみやわー!!


「60s 70s 80s」安室奈美恵
60s 70s 80s(DVD付)
試聴は、こちら

うん、2008年上半期を語る上で、この作品を忘れてはいけませんよね。だけど、シングルという枠で語るには勿体無いということで、特別枠として紹介(なんじゃそれ)。

ヴィダルのCMを最初に観た時の衝撃と言ったら、もうね…。3つのMVを最初に観た時の衝撃と言ったら、もうね…。 開いた口が塞がらないって、この事を言うんだ…と、その時身をもって経験しましたから。どこをどう切り取ってもハイクオリティ過ぎるその映像に感嘆すると同時に、ちょっとした恐ろしささえ感じましたから。あの映像の中でさえも、豪華な制作陣に囲まれていても、どこか余裕さえ感じられる安室奈美恵が居ることに恐ろしさを感じましたから。
一体彼女はどこに向かっているのだろう…なんてね。安室奈美恵、底知れず!!
にしても、このジャケ写が好き過ぎて、やべぇぴょん!
| 【エトセトラ】勝手にアワード | 20:15 | comments(6) |
| - | 20:15 | - |
コメント
>Bぴょる

こうして自分から色んな音楽を聴くようになって、またまだ年数が経ってないから、未来の自分がこれらの楽曲を聴いた時、何を思い出すんやろう、何を感じるんやろう?っていうのは純粋に楽しみですね。
とりあえず、「MOTHER」を聴いたら、雨の中で涙を流したあの日のことを思い出します(ぇ。

おっと、「風吹けば恋」、チェックされましたか!お目が高いですね!(←誰?)
もうね、これはね、自転車乗りながら聴くと非常に気持ちがよいよ。スピード出しすぎに注意ですよ。
そうそう、橋本さんのボーカルによるところも大きいし、スリーピースにこだわっているっていうのもあるやろうけど、どこか幼げで危うげで凸凹感があるところがいいんですよ。イイ意味での未完成さいうか。
あら、3rdアルバムが出た際には、もし宜しければ、お貸ししますYO。

あ、NAMIEさんのツアーチケットの振込用紙、今日届いたよー。この清算云々もまた考えねばなりませんね(何この業務連絡)。


| さえまん | 2008/07/23 1:03 AM |
>ロックさん

SEAMOは個人的には「ルパンザファイアー」以来のヒットですねぇ。って、それはどうでもいいですね、そうですね(爆)。

最後の二行は私もヤラれましたね。っていうか、最初からもう既にヤラれちゃってますが(爆)。

80sですかー、自分は甲乙つけがたいですけど、映像込みで考えたら、60sが一番好きですね。が、ライブで聴くと考えると、80sですかね。

| さえまん | 2008/07/23 1:01 AM |
>すーままさん

おっと、聴く機会多いですか。
彼女たちは三人それぞれが歌詞を書いているんですが、それが三者三様でなかなか興味深いですよ。ちなみに、今回の楽曲はドラムの高橋さんによる歌詞です。

私も、ドラムが好きですね。いや、ベースも好きです。
というか、チャットモンチーをはじめとする、バンドの楽曲を意識的に聴くようになって改めて思ったんですけど、どうやらリズム隊が好きらしいです。…って、どうでもいいですね(爆)。

安室さんのベスト、少しでも興味を持たれたのなら、買ってみることをお勧めしますよ!しかも、DVD付で購入されることをお勧めします!
やはり、彼女は映像あってこそ、踊りがあってこそだと思いますから…(←回し者?)。
| さえまん | 2008/07/23 1:00 AM |

この記事に並んでる楽曲たち...
私情かつ個人的に支えられたものが多くてコメントしづらいのが本音だったり。
モノクローム。HOME。そしてMOTHERね。
未来の自分はこれらの曲を聞いて色々思い出すのでしょう。
思い出して、立ち上がらなきゃとまた改めたり。
そこがまた歌のちからですね。

チャットモンチー「風吹けば恋」。
初めて耳にした時からおぉ!?と思いチェックしてました。
この曲のテンポというか、疾走感が非常に気持ちよい。
なのにどこか幼気で可愛らしいね。
憎めない感じ。そこがまた気持ちよいです。
3rdアルバム、きっと手に取るであろうと宣言で!

あ、もちろん安室奈美恵さんについては
気分がハイになってやめられなくなるから自粛。

| Bぴょる | 2008/07/22 5:51 AM |
SEAMO、個人的に「マタアイマショウ」以来のヒットです。
いや、歌詞という意味ではこっちの方が断然…。
泣けますわー、全体的に素晴らしいですが(こんな言葉でまとめちゃっていいのか?)とどめは、最後の2行ですね。
そうですね。彼が歌うから余計響くものがあるんでしょうね。
うん、良曲!

安室さん、自分は80sが1番好きです。
イントロといい、サビといい、耳に残ります。
| ロック | 2008/07/19 6:37 AM |
最近チャットモンチーを
買ってもレンタルもしてないけど聴く機会が多いです
歌詞が面白いです
おとぎ話は「嘘」とか「嫌い」とかじゃなくて「罠」なんですね。
なにげに、ドラムさんが好き。
安室さんのベスト買おうかな
「PLAY」が凄い好きなんです(レンタルだけど)
英語嫌いな私が(特に日本語と混ざっているの)
何言ってるか解らないけど格好良いなーって思うのは
安室さん位かも
| すーまま | 2008/07/16 12:27 AM |
コメントする