<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 久しぶりの更新。そして、気になる作品たち。 | 2008年上半期 勝手にアワード シングル編その2 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
皆さん、お久しぶりです。またもや放置してしまって、ごめんなさい…。
本命のあの人のツアーも終了したようなので(他人事?)、今度こそはこちらもしっかりと更新していきたいと思っています。
とりあえず、復活記念?として、2008年も半年が過ぎたということで、2008年上半期の勝手にアワードを開催したいと思います。
今日はまず、アルバムから。今年1月から6月のあいだに発売されたアルバムの中から、独断と偏見により、計6作品選びましたよ。
まずは、オリジナルアルバム3作品。


『I LOVED YESTERDAY』YUI
I LOVED YESTERDAY(初回生産限定盤)(DVD付)
試聴はこちら

YUIさんのアルバムは、いつか全曲解説などしてみたいな…と思いつつ、未だに出来ていないという(汗)。

この3rdアルバムで、好きな曲調とそうじゃない曲調がはっきりしてきた感があります、あくまで自分の中で。 前者は「Laugh away」「OH YEAH」のようなポップで爽やかなサウンドの耳障りのよいナンバーや「Love is all」「Am I wrong?」のようなダークな面を覗かせるナンバーだったりします。一方、後者は「Daydreamer」「No way」のような、ロックナンバーだったりするんですよね。ま、一概には言えないですけども。
やっぱりあれだ、エレキを中心としたロック系はYUIさんのボーカルに合わないように感じる…。というか、そういう曲を歌うときのボーカルがどうも好きになれないんですよね。同じロック系でも、2ndアルバム収録の「Rolling Star」「How crazy」あたりはまだ好きですが。

CMでお馴染の「Laugh away」も良曲だと思いますが、一番推したいのは「Love is all」。シンガーソングライターとしての新境地を開いた一曲ではないかと。 曲としっかり向き合っていないであろうライター(インタビュアー)から、心無い言葉をかけられた時に生まれた感情を歌った曲。そんな「Love is all」からは、彼女の音楽に対する姿勢が改めて強く感じられます。歌詞だけでなく、メロディ展開もツボ。転調から大サビを迎えるあたりとか特に。

このアルバムに収録された楽曲たちを、ナマで聴くことによって、どう変化するのか楽しみです。 というわけで、実はワタクシ、明日開催されるツアーの京都公演に参戦するんですYO。…だから、今日のうちにこのレビューをアップしたかったっていうのも、あったりする(爆)。


『Superfly』Superfly
Superfly
試聴はこちら

越智志帆さんのソロユニットである、Superflyの1stアルバム。
デビュー曲「ハローハロー」の頃から色んなところでプッシュされていて、その次のシングル「マニフェスト」がカッコ良くて実は密かに気になってた存在でした。それから、「愛を込めて花束を」で初めてシングルをレンタルし、この『Superfly』を聴くに至ったわけですが。

いやぁ、正直ヤラれましたね。プッシュされているだけあるな、と(…何だか偉そう)。
志帆さんって、歌うことがホントに好きなんだろうなぁ、というのが作品を通してひしひしと伝わってくるんですよね。歌う喜びに満ち溢れているというか。

ジャケ写での志帆さんによるヒッピースタイルからも見て取れるように、60sや70sのオールドロックンロール(って言うんですか?)をベースとして作られた楽曲たち。だけど、それらは決して古臭くなく、むしろ新鮮に耳に飛び込んでくるんですよね、温故知新じゃないですけど(爆)。
そして、これらの楽曲を完全にモノにし、圧倒的な存在感を放つ志帆さんのボーカル。この作品の最大の魅力は、ここに辿り着くと思う。とりあえず、「マニフェスト」がカッコ良すぎ!(これで2回目)

1stにして、このクオリティ。今後に期待をせずにはいられません。


『GAME』Perfume
GAME
試聴はこちら

Superflyと並んで、今年ブレイクを果たしたアーティストに数えられるPerfume。
彼女たちがどうしてこんなにも多くの人にウケたのか等の言説は色んなところで語られている感があるので、今更私が言うことでもないんですが…。
最初、某タワレコで何気なくこのアルバムを試聴して興味を覚え、Perfume好きの某ホームメンバー、つまりは某ayu友(爆)にアルバムを焼いてもらったのがきっかけ。
もうね、とにかく音がいい。そして、素材に徹したかのような三人の歌声――先日の「めざましテレビ」での「広人苑」というコーナーで、Perfumeが紹介されていたんですけど、その時にプロデューサーの中田ヤスタカ氏が「感情がないのに、感情こもったふりして歌うのが嫌いなんですよ」って言っていたのが印象的でした。 ここに彼女たちのアイドル性も加わり、どーのこーの…と、色々語ることが出来るんでしょうが、ここでは敢えて触れないでおきます(ぇ。
とにかく聴いてみたほうがいいかと思われます、それが一番。中毒性が高い、ハマる人はハマっちゃう一枚です。かく言うワタクシは、「シークレットシークレット」が特に中毒曲でした。


続いて、ライブアルバムとベストアルバムを1作品ずつ。
『スキマスイッチ ARENA TOUR'07 "W-ARENA"』スキマスイッチ
スキマスイッチ ARENA TOUR’07“W-ARENA”(初回生産限定盤)(DVD付)
試聴はこちら

昨年開催された初のアリーナツアーでのパフォーマンスを収めたライブアルバム。
こういうライブアルバムっていう形態の作品を初めて聴いたんですけど、いいですね。どこでもライブの気分を味わえるし。音と声に集中できるし、映像がない分、妄想想像力を掻き立てられるし。

スキマスイッチっていうと、世間的にはどこか優等生的なイメージがあるんじゃないかと思うんです。昨年ヒットしたベスト盤の内容にしてもそうですし。
でも、このライブ盤を聴けば、そういったイメージが崩れるんじゃないかと。CDとは一味も二味も違ったライブならではのアレンジやボーカルが思う存分味わえる一枚。正直、ベストアルバムよりこっちのほうがベストアルバムなんじゃないかとも思うくらいに良曲揃い且つ素敵な音が満載のライブアルバムです。


『complete single collection '97-'08』the brilliant green
the brilliant green complete single collection’97-’08
試聴はこちら

ベスト盤だったら、これが一番よく聴いたかな。その中でも「There will be love there -愛のある場所-」「冷たい花」が好き過ぎて、一時期ずっと聴いていた記憶が。名曲です。

ボーカルの川瀬さんの声って、YUIさんの声と少し似ているように思うのは、私だけでしょうか。初期の頃の楽曲とか特に。 でもって、YUIさんがカバーしたらどうなるんだろう…とか考えちゃいます。絶対合うと思うんですけどねー。どうなんでしょうかねー。うん、いつか「僕らの音楽」あたりで歌って欲しいです。


そして、2008年上半期でのナンバーワン作品は、やっぱりこれ。

『HEART STATION』宇多田ヒカル
HEART STATION
試聴はこちら

2008年上半期で一番を選ぶとしたら、これ。というか、今までの宇多田さんのアルバムの中でも一番好きかも知れないです。 最初、某ホームメンバーに貸してもらったんですけど、あまりに良かったので、後からわざわざ自分で購入したぐらいですもん。

前作『ULTRA BLUE』は私の中で何となく敷居が高いというか、近づきがたいイメージがあったんですよね。もちろん、あれはあれで良い作品だったのは確かです。
が、今作は一転して、耳馴染みのいい、とっつきやつい楽曲が揃っているなぁ、と。とは言え、よく聴けば、相変わらずものすごいことを言ってたり、言葉選びが面白かったりするわけですが。「虹色バス」とかね、「誰も居ない世界へ 私を連れて行って」ですからね。
個人的には一曲目の「Fight The Blues」が密かな応援歌だったりします。「男も女もタフじゃなきゃね」っていうところが最大のキモかな。

まぁ、とにかく良曲揃い過ぎる、捨て曲一切なし。こんな楽曲たちをほぼ全て一人で作っている彼女はやっぱり天才だ。
ロッキンジャパンのインタビュー、読んでて非常に面白かったなー。
| 【エトセトラ】勝手にアワード | 22:42 | comments(6) |
| - | 22:42 | - |
コメント
>Bぴょる

2回も登場させてしまって、ごめんなさいね(笑)。

同性から毛嫌いか…。
アイドル的な人気からしても、音楽的な人気からしても、やっぱり男性中心なんかな?
自分もあくまで彼女らの楽曲が好きってだけですですけどね。 ただ、あの楽曲は彼女たちが歌ってこそなんやろうなぁとは思う。ヤスタカ氏の他のプロデュース作品を聴いたら、この考えも変わるかも知れませんが。

確かね、広人苑は他の話題を捕獲しようと思って録画してたら、たまたま観れた!そしたらヤスタカ氏がなかなか面白いこと言ってた!

ほほー、「love the world」の解釈、頭においておきますc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...

この三連休にねー、花男の再放送があったから観てたんですよ(暇人)。 もうねー、「Flavor of Life」が流れるたびにハァハァしてしまいましたよね。何なんだろうか、彼女は!

風通しの良いアルバムか…。その表現、何やら含蓄がありますね。
となると、ただ今香港かどっかに行ってるウニウニ星人のアルバムはどうなるのかしら?\(^0^)/
| さえまん | 2008/07/23 12:37 AM |
>ロックさん

そうですねぇ、何処かのレビューでもありましたけど、切ない雰囲気も持ち合わせているかも知れませんね。

「感情がないのに〜」のくだりは、なかなかハッとさせられましたよ。はい、ゆっくり考えちゃってください(爆)。

アイドルと言うだけで、どこか軽んじられる風潮がありますからねー。 ヤスタカ氏はそこを逆手にとったのかな?とも思ったり。ま、真意のほどは分かりませんけどね。

同じヤスタカ氏のプロデュースであるMEGや鈴木亜美の楽曲がそこまでウケていないことを考えると、Perfumeだからこそ、ここまで受け入れられたという部分はあるんでしょうね。が、その答えは敢えて探らないでおきます(ぇ。

まぁとにかく、音楽がイイのは間違いないです。アルバム、またチェックしてみてくださいね。


スキマのライブアルバム、確かにレンタルではあまり置いてないかも知れませんね(汗)。 ウチの地元にはかろうじて一枚か二枚あった程度でした…。
スキマのライブは一度ご覧になられることを強くお勧めします! ですが、今年はオーガスタキャンプに出演する以外はスキマのライブがないそうなので、まずはこのライブアルバムかライブDVDをチェックされることを強くお勧めします!(←回し者?)

常田さんの存在が大きいっていうのは何となく分かりますねー。
あ、大橋さんのソロアルバム、やっと聴けたんですが、スキマとは全く違う楽曲たちでしたよ。ソロなんで当たり前ですけど、パーソナルな部分が際立ってますね。

| さえまん | 2008/07/23 12:35 AM |

この記事、2回も登場している自分ってどうなの。(笑)

Perfumeって、本人らのキャラクターで特に同性から毛嫌いをされてるらしい。
だから「Perfumeが好きだ」という私を、周りは少々偏見する。
けどねぇ、そんなこと言われても...。
だって本当に「Perfumeの楽曲にしか興味がないから」さ。
あくまで自分の話ですが。
それくらいこのサウンドにまっすぐ射止めらたんだろうね。
あ、でもそのめざましテレビの広辞苑は観たよ。
まぐれで。←ほら、ねっ?!(笑)
「love the world」の歌詞ってヤスタカ氏とPerfumeの葛藤と覚悟に
置き換えるとなかなかおもしろいと感じたよ。

あ、もちろん宇多田ヒカルさんについては
退屈な毎日が急に輝き出したから自粛。

「GAME」も「HEART STATION」も、風通しが良いアルバムかな。


| Bぴょる | 2008/07/22 6:41 AM |
Perfume、近いうちチェックしようと思いつつ…、結局今まで放置してました(汗)。
どうも、基本的に今活躍されてる方達よりも昔いた方達の方が聴く割合多いもんで…;;
彼女たちは、「ポリリズム」で知りましたが、最初サビだけ流れてるのを聴いた時はそれほど…でしたが、フルで聴いてみると一見軽いようで意外とメロディがしっかりしてますね(爆)。
若干、切ない雰囲気もありますし。
フルで聴いて印象変わったのをよく覚えてます。

「感情がないのに感情がこもったふりして歌うのが嫌い」ですかぁ…。
なかなか、深いですね。
これについて、ゆっくり考えてみます。(ぇ?
ちなみに、中田氏が、「アイドルには興味ない。若いグループをプロデュースするにしてもちゃんとした音楽をやりたい」みたいなこと言ってた気がします。(うそ覚えですので…、若干違うかもしれません;;)
自分は、この言葉が印象に残ってます。
きっと、アイドルを生かしたアイドルポップというか、今まで少なくとも世間的には、アイドルソングと聞くとどこか軽い、安っぽいイメージがあったと思いますが、彼女たちの音楽は正統派な新しいジャンルをJ−POP界に投入したのではないかと…そんな気がします。
シングル曲を何曲かチェックした時点でも、これはこの人達だから出来たことなんだな。人のために楽曲を作る、ではなく、楽曲のために、人を呼ぶ。…というか。この音楽はこの人達でなきゃ!というのが、伝わってきました。
…と、グダグダ語ってしまい申し訳ありません(汗)。
ましてや、アルバムもまだ聴いていないのに…。
アルバムノーチェック時点ですので、チェックされたさえまんさんとはまた違った印象を持ってる部分もあるかと思います。
ただ、自分がこれまでシングル曲(カップリング含め)何曲かチェックした時点で感じた事を書いてみました。
1度、現時点での印象をまとめておいてアルバム聴き終わってどう思うか、…何か変わるかな、と思いつつ聴いてみようかと思ってます。
また、アルバム聴きましたらもう1度書かせて頂きますね!

スキマ、1度レンタルしようと思ったんですが、置いてなかったので…。
でも、スキマのライブは1度見てみたい、という思いがありますので、このライブアルバムも興味あります。
近いうち、思いきって購入してしまおうかなと思っております!

あ、優等生的なイメージ…。
個人的には、楽曲聴いただけ、テレビでのイメージでも、優等生といよりはやんちゃなイメージがあったり…。
ま、常田さんの存在は大きいかもしれません。
大橋さんがソロで歌番組に出演している姿はあまりやんちゃなイメージはありませんからねぇ。
でも、常田さんと並ぶと大橋さんもやんちゃに見えてしまうのが不思議です。
…って、曲とは関係なくなってますね(爆)。
| ロック | 2008/07/19 6:27 AM |
>すーままさん

ですよね、このライブアルバムこそ、スキマの真骨頂ですよね!
分かりますよー、スキャットというか、フェイクというか。自分は「キレイだ」のアレンジがものっそい好きですねー。カッコいいです。
待ちに待ったライブDVDもイイですねー。そして、浜崎さん同様、ライブDVDに歌詞カードがついていたのに感動しました(そこ?)。
テレビでもっと暴れればいいのに…は、私も思います。彼らって別に優等生ってわけではないのに、ホントは(爆)。それぞれのソロ活動が終わった後のスキマに期待しましょう(笑)。

確かに、コブクロとか絢香はそういうイメージですね…。そういや、最近とみに聞かなくなったな…。

宇多田さんの音楽って、デビュー当時とは随分変わりましたよね。私も最近のほうが好きです。やっぱり彼女は天才です(結局そこ)。

大橋さんのアルバム、レンタル待ちなので、実はまだなんです…。でも、試聴したり、雑誌のインタビュー読む限り、なかなか期待できそうなので、早く味わいたいですねぇ。エロいんですか…、やっぱり…(ぇ?

| さえまん | 2008/07/13 9:23 PM |
スキマのライブアルバム最高です&#12316;、ホントこれこそベストです!!これはもう聴きまくりです。
なんて言うんですか、 スキャット??フェイク??
こう楽器と声とのからみ合いとかが凄く良い!!。アレンジも凄く良い!!
確かにベストアルバムはイマイチだと思います。
ベストアルバムってそういうものかもしれないけど、曲紹介アルバムみたい(笑)
というか、TVでもっと暴れれば良いのにと、いつも思います。
叫んでしまえ(笑)
私の優等生のイメージはコブクロかな。絢香とか。
凄い上手いと思うけど真面目な感じがします。
『ULTRA BLUE』凄く好きですよ!!
私はこっちを借りたんですけど実物欲しくて買いました。
『HEART STATION』も好きだし、宇多田さんは昔より圧倒的に最近の方が好きです!
「Drunk Monkeys」聴きましたか??エロいっすね(笑)
| すーまま | 2008/07/10 9:30 PM |
コメントする