<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
さて、久々にオリコンチャートネタでもいってみましょう。まずはシングル。

女性シンガーソングライター・YUIのニューシングルで、沢尻エリカ主演の映画『クローズド・ノート』主題歌の「LOVE & TRUTH」が自己最高の初動売上となる8.7万枚を記録し、10/8付ウィークリー・シングルランキングで初登場1位を獲得した。 YUIにとって、シングルの1位獲得は、6月発売の前作「MyGeneration/Understand」に続き、2作連続。4月発売のアルバム『CAN'T BUY MYLOVE』を含めると、今年3作目の1位獲得となった。


続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 23:45 | comments(2) |
 
浜崎あゆみの約1年ぶり、通算41作目のシングル「glitter/fated」が、7/30付週間シングルランキングで初登場1位を獲得(初動売上11.0万枚)した。
浜崎の初のシングル1位獲得は、1999/4/26付の「LOVE〜Destiny〜/LOVE〜since1999〜」(浜崎あゆみ/浜崎あゆみ&つんく)。それ以来、今作で9年連続の達成となり、中森明菜(1982年〜1990年/「セカンド・ラブ」〜「Dear Friend」)と並ぶ、シングル連続1位獲得年数記録(女性アーティスト部門)の歴代1位となった。
 浜崎はすでに「1位獲得数」「TOP10獲得数」「総売上枚数」「ミリオン獲得数」のシングル4部門で女性アーティスト歴代トップとなっているが、今回の動向で5冠目の達成となった。


 トップ10内に初登場が9作品という、久々に賑やかなチャートとなった今週。そんな中、首位を獲得したのは浜崎あゆみさん。上の記事にもあるように、今作で9年連続の首位獲得。これは、中森明菜さんと並んで女性歌手の歴代一位の記録だとか。
 …ここ最近の彼女は、リリースするたびに何らかの記録を更新していってる感がありますよねぇ。ま、おめでたいことなので素直に喜んでおきましょう。おめでとうございます!

 で、気になる初動枚数は11.0万枚。一年以上スパンのあいたシングルリリース、ベスト後のリリースということもあって、どう転ぶか色んな意味で注目してたんですが、蓋を開けてみれば無難な結果になったかなぁ、と。 前作「BLUE BIRD」の初動より幾分か減少しましたが、あれはDVD付きが2種類発売されるという売り方でしたからね…。
 
 今年の女性歌手のシングルの中では、宇多田さんの「flavor of life」に次ぐ高初動。やっぱり、なんだかんだ言ってこの二人は鉄壁だなぁ、と。しかもこの二人、対照的な売れ方ですから面白い。宇多田さんはライト層を多く取り込み、久々の大ヒット。浜崎さんは強固な固定層によるセールス、と言った具合に。

 で、初動云々以上に気になるのは今後の推移。アルバム『Secret』やベスト盤をみる限り、最近の浜崎さんの売り上げは初動へ偏っているように思うんですよねぇ…。今回は「fated」が8月から公開の映画『怪談』の主題歌に使われているので、そのタイアップによる粘りに期待したいところ。が、この映画による効果が一体どれほどのものなのか…。


 以下、2位にポルノグラフィティ、3位にオレンジレンジと続きます。レンジは前作「イカSUMMER」から回復した模様。今回はウケが良かったのかな。
 今週、レンジのベストが2枚同時にリリースされますけど、どうなるんでしょうねぇ…。っていうか、なぜに2枚別々にリリース? そこに何か意図があるのかなぁ…。あと、一枚2500円という価格設定が売り上げにどう響くのか気になるところ。
| 【エトセトラ】オリコン | 23:37 | comments(4) |
さて、今週のオリコン。まずはシングルから。

7/16付週間シングルランキングで、ベールに包まれた謎のシンガーとして話題のERIKAの「FREE」が5.0万枚を売上げ、初登場で1位を獲得した。
ERIKA(沢尻エリカ)にとって1位獲得は、TBS系ドラマ『タイヨウのうた』の役名“Kaoru Amane”でリリースした、シングル「タイヨウのうた」(昨年8月発売)に続き2作連続。


オリコンのサイトから引用した上の文章に、大きな矛盾が隠れている件について。

“ベールに包まれた謎のシンガー”って言っておきながら、“ERIKA(沢尻エリカ)にとって”ってどうなのよ?
…あ、そこは突っ込んではいけませんか、そうですか。

というわけで、ERIKAさんのシングルが初登場で首位を獲得。5.0万枚で首位ですから、発売週に恵まれたと言っていいでしょうね。それでも、テレビ露出一切なしでここまで売ってくるのはさすがERIKA様といったところか。

路線が全く異なる二つの収録曲「FREE」と「FANTASY」。ですが、そのどちらもが彼女らしさが伝わってくる楽曲で、抜かりないなぁ、と。二つのPVで魅せる彼女から、余計にそう感じます。
っていうか、この「FREE」がもの凄くキャッチー。…これ、誰が作ったんだろ?と思いきや、YUIの楽曲も手掛けたことがあるCOZZiって方でした。だから何って感じですか、そうですか。


そして、2位に初登場は絢香さんの10ヶ月ぶりのシングル「Jewelry day」。そう、あの「三日月」以来のシングルです。

注目すべきはその初動枚数、3.9万枚。 うーん、1stアルバムをミリオン売った後のシングルとしては、少々物足りないのでは? コブクロとのコラボシングルも好調だったんですけどねぇ…。あれが売れたのは、ただ単に楽曲がウケたからなのかな。 やっぱり彼女、ライト層頼みの売れ方ですね、ある程度は予想していましたけど。やっぱり女性アーは厳しいなぁ…。

しかもこの楽曲、発売される以前からラジオで流れたり、配信されていたりしたそうですから、頼みの綱のライト層はそこで飽きが来ちゃったというのもありそうです。前シングルから間隔を空けすぎたというのも問題か。

今回の新曲「Jewelry day」は「三日月」に引き続き、バラード曲となっています。バラード曲を敢えて連続で出してきたあたり、渾身の一曲だったんだろうなぁ、と。
が、それが伝わりすぎて、歌い方が少々くどいかなぁ、という印象も否めない…。いや、あの歌いっぷりはさすがだとは思うんですけどね。


そして、アルバム。
続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 23:22 | comments(3) |
まずは、アルバムチャートから。

安室奈美恵の2年ぶりのニューアルバム『PLAY』が、7/9付週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。発売1週目の売上は、前作『Queen of Hip-Pop』の20.2万枚を上回る25.1万枚を記録した。
安室奈美恵のアルバム1位獲得は、2000/2/14付の『GENIUS 2000』(発売日:2000/1/26)以来、7年5ヵ月ぶり通算6作目。


まずは…、7年5ヶ月ぶりの首位獲得おめでとう!!

っていうか、そんなに長いあいだ、首位から遠ざかっていたことに驚きです。そして、2年ぶりのアルバムにも関わらず、前作よりも初動枚数がアップしていることに驚きです。もちろん、今回はDVD付きアルバムを発売したいうのも大きいでしょうけど、CDの市場規模自体が低迷している中で、ここまでアップさせてきたのは、もう単純に驚きです。嬉しいです。

なんかこの結果を見て、すごーく感慨深くなったんですよね、私。

アルバム首位の座から遠ざかってからの安室さんって、模索している部分があったと思うんです。そして、現在の彼女を語る上で欠かせない出来事といえる、SUITE CHICとの出会い。ここで自分のスタイルを見つけたであろう彼女は、文字通り『STYLE』というアルバムをリリース。が、この時期はセールス的にもちょうど低迷期で…。
とは言うものの、時代の流れを追うことなく、自分のスタイルを貫き通した彼女が その後リリースしたのが、“Hip-Pop”という独自のジャンルを打ち出した『Queen of Hip-Pop』

そして今回。今年30歳になる彼女が放ったのは、内なるキラキラ感・大人の遊びゴコロがたくさんつまったアルバム『PLAY』でした。

セールスに目を向けてみると、3作連続で初動がアップしているんですよね。前々作『STYLE』は初動9.3万枚でしたし。

何だろ、現在の安室さんって、第二の黄金期を迎えているように思います。アムラーなる社会現象を巻き起こしていたころの黄金期とはまた違う、地に足のついた黄金期。充実期と言ったほうが正しいのでしょうか。

そして、一時の低迷期からここまでの復活(と言ったら失礼かな?)を遂げた要因は まさしく、頑ななまでに自分のスタイルを貫き通したからだろうなぁ、と。…って、言葉で言うのは簡単ですが、そこには並々ならぬ想いや覚悟があったんだろうとか想像すると、泣けてくる(爆)。
 
…なんかもう何が言いたいのか分からなくなってきましたが、そんな安室さんが大好きです(結局そこ?)。

っていうか、思いの外、語りすぎちゃいました。 いや、だけど、安室さんに関してはもっと語りたいぐらいよ?(爆)
でね、彼女のこと考えると、いつも決まって本命のあの人が頭をよぎるんです。別に比べるつもりはないんですけど、色々考えちゃうんです、色々ね(だから何?)。


さて、続いてはシングルチャートについて。

続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 23:08 | comments(3) |
順位/期間内売上/タイトル/アーティスト
01位 91.6万枚「千の風になって」秋川雅史(累計:92.3万枚)
02位 63.0万枚「Flaver Of Life」宇多田ヒカル
03位 42.1万枚「Love so sweet」嵐
04位 40.8万枚「蕾(つぼみ)」コブクロ
05位 34.0万枚「関風ファイティング」関ジャニ∞
06位 32.1万枚「フェイク」Mr.Children
07位 31.0万枚「星をめざして」NEWS
08位 30.8万枚「WINDING ROAD」絢香×コブクロ
09位 30.0万枚「喜びの歌」KAT-TUN
10位 28.4万枚「明日晴れるかな」桑田佳祐

11位 24.3万枚「Lovers Again」EXILE
12位 23.1万枚「ズッコケ男道」関ジャニ∞
13位 22.1万枚「BRAND NEW SONG」KinKi Kids
14位 19.7万枚「永遠の翼」B'z
15位 19.7万枚「We can make it!」嵐
16位 18.7万枚「しるし」Mr.Children(累計:74.0万枚)
17位 17.4万枚「100万回のKISS」GLAY
18位 16.9万枚「Rolling star」YUI
19位 16.5万枚「CHE.R.RY」YUI
20位 14.8万枚「僕らの街で」KAT-TUN(累計:55.8万枚)

21位 14.4万枚「Baby Don't Cry」安室奈美恵
22位 14.2万枚「HONEY BEAT/僕と僕らのあした」V6
23位 13.8万枚「東京にもあったんだ/無敵のキミ」福山雅治
24位 13.5万枚「キッス〜帰り道のラブソング〜」テゴマス
25位 13.1万枚「ミソスープ」テゴマス
26位 12.9万枚「SEVENTH HEAVEN」L'Arc〜en〜Ciel
27位 12.8万枚「空が泣くから」ENDLICHERI☆ENDLICHERI
28位 12.8万枚「BUT/愛証」倖田來未
29位 12.1万枚「CHU-LIP」大塚愛
30位 12.0万枚「トレイン」ケツメイシ

続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 00:49 | comments(0) |
順位/期間内売上/タイトル/アーティスト
01位 112.5万枚「HOME」Mr.Children
02位 99.8万枚「Black Cherry」倖田來未
03位 69.8万枚「A BEST 2-WHITE-」浜崎あゆみ
04位 68.1万枚「A BEST 2-BLACK-」浜崎あゆみ
05位 65.7万枚「ベスト・ダム・シング」アヴリル・ラヴィーン
06位 65.2万枚「愛 am BEST」大塚愛
07位 57.8万枚「CAN'T BUY MY LOVE」YUI
08位 54.6万枚「EXILE EVOLUTION」EXILE
09位 52.0万枚「ALL SINGLES BEST」コブクロ(累計:226.8万枚)
10位 50.4万枚「HEART」伊藤由奈

11位 43.8万枚「B-SIDE」Mr.Children
12位 39.6万枚「BESTYO」一青窈(累計:71.8万枚)
13位 36.0万枚「Scratch」木村カエラ
14位 34.8万枚「MADE IN TWENTY(20)」BoA
15位 34.5万枚「cartoon KAT-TUN You」KAT-TUN
16位 34.0万枚「THE BEST of mihimaru GT」mihimaru GT
17位 33.8万枚「First Message」絢香(累計:104.9万枚)
18位 33.3万枚「Denim」竹内まりや
19位 32.2万枚「ALL SINGLES BEST」スガシカオ
20位 29.4万枚「YES」中島美嘉

21位 28.8万枚「I album -iD-」KinKi Kids
22位 28.7万枚「BEST〜BOUNCE & LOVERS〜」倖田來未
23位 26.8万枚「ビコーズ・オブ・ユー」Ne-Yo
24位 25.8万枚「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」リンキン・パーク
25位 23.3万枚「i(ai)-オール・タイム・ベスト-」オフコース(累計:26.3万枚)
26位 21.2万枚「KJ2 ズッコケ大脱走」関ジャニ∞
27位 20.9万枚「風をあつめて」Aqua Timez(累計:28.5万枚)
28位 20.8万枚「5年モノ」福山雅治(累計:43.3万枚)
29位 20.6万枚「BLEACH THE BEST」Various Artists
30位 19.6万枚「LOVE IS BEAUTIFUL」GLAY


続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 00:43 | comments(0) |
YUIさんのシングル「My generation/understand」が、7.9万枚を売り上げ、初登場で首位を獲得!おめでとう!

 
YUIは、今年4月にアルバム『CAN'T BUY MY LOVE』で1位を獲得しているものの、シングルでは、これまで「I remember you」と「CHE.R.RY」の2位が最高位で、今回が2005年2月のメジャーデビュー以来、初の1位獲得となった。
 
また、女性アーティストによるシングル1位獲得は2月発売の宇多田ヒカル「Flavor Of Life」に次ぐ今年2人目。同じくシングル、アルバムの両部門制覇は今年初の記録となった。


…とのことです。

まぁ、今回の首位は他に強敵が居なかったっていう部分もあるでしょうね。7.9万枚という初動枚数は、前作「CHE.R.RY」(8.1万枚)、前々作「Rolling Star」(7.5万枚)のそれと殆ど変わらないですし。
とはいえ、この安定感は何とも心強いですね。この推移がいつまで続くかはまだまだ様子見ではありますが。

で、女性アーによるシングル首位獲得は宇多田さんに次ぐ今年2作目である件について。

これ、「YUIさんやるなぁ!!」と思う反面、「っていうか、まだ2作目?もう6月なのに?」とも思っちゃうトピックですね。
それもそのはず、今現在において、初動10万枚以上を出せる女性アーがどれだけ居るかって話ですよ。
おそらく、確変した際の宇多田さんか、4曲マキシとかの倖田さんか、浜崎さんぐらいしか居ないんじゃないですか? っていうか、浜崎さんでさえも今ではどうなのか…(以下自粛)。


と、ここで流れよく、女性アーのリリース情報について。
今週のYUIさんを筆頭に、この夏は主な女性アーのシングルリリースが目立ちます。

以下、一部整理させていただくと…、
続きを読む ▼
| 【エトセトラ】オリコン | 21:31 | comments(0) |