<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
B001DI8EJCDear My Friends/トラウマ上松秀実 TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M) 2008-10-08by G-Tools


「Dear My Friends」のMV試聴は、こちら
「Dear My Friends」の歌詞は、こちら
「トラウマ」の歌詞は、こちら

今日紹介するのは、10月8日にリリースされたばかりの上松秀実さんのデビューシングル『Dear My Friends/トラウマ』
「この子が、世界を、変える」――そんなタイトルがつくほど、『ROCKIN' ON JAPAN』でデビュー前から猛プッシュされていた彼女。 ロック系をメインに扱うあの雑誌が彼女のような女性シンガーを推すってことは、相当期待大のシンガーなんだろうなぁ…と思いつつ、実際に聴いてみないとはじまらないってことで、聴いてみました。


続きを読む ▼
| 【エトセトラ】レビュー | 19:26 | comments(2) |
とび魚のバタフライとび魚のバタフライチャットモンチー 福岡晃子 橋本絵莉子 Amazonで詳しく見る by G-Tools


試聴・視聴はこちら
全ての作品の試聴はこちら


今日ご紹介するのは、チャットモンチーの「とび魚のバタフライ/世界が終わる夜に」

チャットモンチーとは、ギターとボーカル担当の橋本絵莉子さん、ベース担当の福岡晃子さん、ドラムス担当の高橋久美子さんからなる徳島県出身のスリーピースガールズバンド。…ただ、彼女たちから放たれるサウンドはまさに骨太ロック。“ガールズ”という枠で捉え切れないほどに骨太。バンドとしては最小限とも言えるスリーピースという形態をとりながらも、そうは感じさせないくらいに奥深く、それでいてストレート。
そんな骨太サウンドにボーカル橋本さん(通称えっちゃん)の声が非常によく絡む!特に心地よく、特に激しく耳に響く!心に響く!
現在、夏フェスで引っ張りだこの彼女たち。現在、目が離せないバンドの一つです。
続きを読む ▼
| 【エトセトラ】レビュー | 00:46 | comments(4) |
ドラマチックドラマチックBase Ball Bear 小出祐介 玉井健二 Amazonで詳しく見る by G-Tools


視聴はこちら
歌詞はこちら

この夏おすすめの楽曲、第二弾はBase Ball Bearの「ドラマチック」。Base Ball Bear(ベースボールベアー)とは、ボーカル&ギター、ギター、ベース、ドラムスの4人組バンド。ちなみに、ボーカル&ギターの小出さん、私と全く同じ生年月日。っていうか、そんなのどうでもいいですね、そうですね。

去年夏に発売された「ELECTRIC SUMMER」が密かに気になったりしてたんですが、今回はじめてレンタルしてみましたよっと。
うん、「ドラマチックチック 止められそうにない 止めたいと思わない」から始まるサビが何ともキャッチー。一回聴いただけで、このフレーズが頭に入ってきちゃったから不思議なもんです。

っていうか、夏を動詞にしちゃった“夏ってる”って言葉が面白い。日本語としては間違ってますけど、面白い。よし、私もこの夏使ってみよう。「この夏、夏ってますか?」

| 【エトセトラ】レビュー | 00:52 | comments(2) |
鱗(うろこ)鱗(うろこ)秦基博 亀田誠治 上田禎 Amazonで詳しく見る by G-Tools


試聴はこちら


これから暫くの記事では、この夏お勧めの作品たちをいくつか紹介していこうと思います。
で、まず一番に推したいのが秦基博さんの「鱗」。1980年生まれ、2006年11月デビュー。そして、スガシカオさんや山崎まさよしさん、スキマスイッチが在籍するオフィスオーガスタ所属の秦さん。この「鱗」は、「シンクロ」に続く2ndシングルとなります。

試聴したときから何気に気になってて、レンタルショップでたまたま見つけて、たまたまレンタルしてみたのがきっかけだったんですよ。
が、その何気ない行為が全ての始まりだったわけで(大袈裟)。


もうね、あのイントロから心を掴まれて…。サビに入った頃には、もう完全にこの世界観に酔いしれて…。そして、聴き終わった頃には、「ごちそうさまでしたー!」(爆。

美しいピアノのメロディにギターとベースが程よく絡み、サビではストリングスがそこにプラスされ、心地よい盛り上がりを見せる…。もうね、全ての音に間違いがないし、その構成に隙がない。さすが、亀田誠治さんが関わっているだけあるなぁ、と。

そんなバックのサウンドとこれでもか!!っていうぐらいマッチしすぎている秦さんのボーカル。彼のボーカルがなければ、この世界観が生まれなかったんじゃないかっていうね。
メロからサビにかけて徐々に広がっていって、サビで昇天。特に、大サビでのボーカルは圧巻。あの伸びのある何処か かすれた声は聴く者の心を掴んで離さない、これ、間違いない。


yahoo動画では、「鱗」のPVが視聴できちゃいます。一曲まるごと聴けちゃいます。気になる方は、是非ともチェックしてみて下さいね。もうこれはお勧めですから。間違いがないですから。

| 【エトセトラ】レビュー | 10:15 | comments(0) |